いんきんたむし

いんきんたむし(インキンタムシ)の症状を自宅で治療&完治させる市販薬

いんきんたむしは専用の薬で治しましょう

”いんきんたむし”の原因菌である白癬菌はカビの一種。

温度と湿度が高い状態で保たれているところならば、簡単に繁殖し皮膚に異変をもたらします。白癬菌が足につけば水虫、股間に住み着けばいんきんたむし、頭部に住み着けばシラクモと呼ばれ、名前は違いますが原因は一緒。

つまり、どの部分に白癬菌が住み着こうが、白癬菌に有効なお薬ならばどれも治療が可能です。

市販の軟膏の中には、効果・効能の欄に”水虫”と書いてあるものがあると思います。水虫に有効ということは白癬菌に有効ということですから、いんきんたむしにだって効果があると思うかもしれません。

しかし、その場凌ぎの治療薬では、(大抵の場合)いんきんたむしの治療はうまくいきません。

理由は2つあります。1つ目は白癬菌を殺せるほどの効果を持つ成分は限られており、専用のお薬でなければそれらが含まれていない(痒みを抑える効果ならあります)ということ。

2つ目は、白癬菌は皮膚の奥にまで住み着きますから、痒みが治まったからと言って治療を止めれば、再発する可能性が高いということ。

だからこそ、白癬菌には専用のお薬が必要なのです。それも、殺菌効果が高く、しっかり時間をかけて治療さえすれば再発の心配のない優れたお薬を選ぶことが鉄則です。

自宅で治療できるインキン専用の市販薬

股間付近が痒くなる”いんきんたむし”ですから、大抵の方はお医者さんにはいかないと思います。

病院に行かないがために、とりあえず家にある軟膏で痒みを抑え、痒みが治まったと思って放置してまた再発するというサイクルを繰り返しやすいところが、いんきんたむしのやっかいなところです。

そうはいっても、やはり『股間がかゆい...』という理由では、あまり病院に行きたくありません。そんな方には、自宅で治療が可能な優れた市販薬があります。

ロテュリミン・ウルトラ 】は、白癬菌に強い効果があるブテナフィン配合の軟膏で、水虫にも利用できるものですが、基本的にはいんきんたむし専用のお薬です。

股間に使ったものを足に、足に使ったものを股間に使う、また家族に使わせるというのも抵抗があることだと思いますから、いんきん専用のお薬を持っていることは精神衛生上、大切なことでもあります。

インキンや水虫は、痒みが治まってからも皮膚のターンオーバーが終わるまでは治療を続けるという大原則があります。ロテュリミン・ウルトラは1度でしっかり治せるよう30gの大容量となっています。

皮膚のターンオーバーは約1ヶ月程度。例え、痒みが治まっても1ヶ月間は淡々と続けてみてください。

原因が白癬菌ではなかった場合

繰り返しになりますが、ロテュリミン・ウルトラは、白癬菌に強い効果を発揮するいんきん専用の市販薬です。したがって、皮膚の異変の原因が白癬菌でない場合には、”病名:いんきんたむし”ではありませんし、ロテュリミン・ウルトラでは治療の効果が得られません。

白癬菌は真菌(カビ)の一種で、水虫やいんきんの代表的な原因菌です。しかし、例えば”カンジダ症”のように、同じ真菌で症状も似ているのに原因菌が違うというパターンもあります。

そんなときは、より広範囲の真菌に優れた効果を発揮する【 ロテュリミンAF 】を使用するか、ロテュリミン・ウルトラとの併用が良いでしょう。

自宅で治したいというのであれば、残念ながら真菌の特定は難しいものです。症状を良く調べて、どちらか分からない場合はロテュリミンAFを、明らかに白癬菌が原因ならばロテュリミン・ウルトラを、もしくは両方を併用してください。

また、予防手段としては、白癬菌にもカンジダ菌にも優れた殺菌効果を発揮し、皮膚トラブルを防ぐことができる【 ファンガソープEX 】がおすすめです。

皮膚の異変が真菌ではなくただの湿疹だったとか、アレルギーだったということもあります。その場合、真菌用のお薬では効果がなかったり、場合によっては悪化させてしまったりすることもあります。

症状をよく確かめて、不安ならば病院が一番ということは覚えておいていただきたいと思います。

あわせて知りたい
  •