爪水虫は手の爪にも

手や足の爪水虫(爪白癬)を完治させる市販薬・塗り薬ランキング
Dr. G's Clear Nail
欧米では身体に負担のかかる副作用の強い飲み薬ではなく、まずは塗り薬による治療が一般的です。「Dr. G's Clear Nail」の有効成分トルナフタートには、爪を透過する優れた性質を持つため、内服薬でしか治療の難しかった爪下の患部にまで、爪の表面から直接殺菌成分を届けることが可能となりました。
ラミシールATクリーム
水虫用軟膏の定番ラミシールクリーム。有効成分の塩酸テルビナフィンが水虫菌に効果的であることは各種臨床実験で証明済み。ただし、ラミシールは非常に強い薬のため、肝機能に不安のある方は、飲み薬である錠剤のラミシールよりも塗り薬である軟膏のラミシールから治療を始めたいところです。
チモールリキッド
「Dr. G's Clear Nail」と併用することで効果抜群なのがチモールリキッド。爪水虫をとにかく早く治したい方や既に重症の方におすすめです。有効成分であるチモールは、数あるハーブの中で最も殺菌・消毒作用があると言われているシソ科の植物。ラミシールよりも断然治療効果があったという利用者も多いです。

爪水虫の薬は副作用が心配されます。

爪水虫になっている人って10人に1人って言われてますよね。それを聞いて安心する人もいれば、逆に不安になる人もいるんじゃないかって思います。日本国内では爪水虫の治療には塗り薬ではなく、飲み薬を処方されることがほとんどだそうですが、そこで心配されるのが爪水虫の薬の副作用です。

特に爪水虫の治療期間は、爪が生え変わるまでの間とされていますから、かなり長期にわたっての服用となります。薬に含まれている有害な物質を分解する働きを担っている肝臓が、その長期間の服用でよろしくないことになってしまう心配があると言われてます。病院によっては定期的に肝数値を血液検査で調べながら治療をしていくところもあるみたい。

だって、せっかく爪水虫が治って嬉しいなって思っても、その薬の副作用で別の個所に不具合が出ちゃったら、完全に病院漬けになっちゃって本末転倒です。最近だとレーザーでの治療だったり、塗り薬でも浸透させられるものが出てきてたりと、治療方法の幅も広がってきてるみたいですが、やっぱり国内での主流は飲み薬。飲み薬を飲むことで、体内に存在する爪水虫の原因の白癬菌をすべてやっつけてしまおうってことのようですから。

白癬菌は爪だけじゃなく、頭や足の付け根など色んな場所に生息出来ちゃうみたいなので、飲み薬ですべてやっつけようって方法は間違ってはいませんよね。ただ、副作用や肝数値が心配になるっていうのはどうかと思うので、市販薬の塗り薬の方が安心して使えます。