いんきんたむしに感染

いんきんたむし(インキンタムシ)の症状を自宅で治療&完治させる市販薬

股部分が白癬菌に感染したのがいんきんたむし

白癬菌と聞いて水虫を思い浮かべる人も少なくないのではないでしょうか。この白癬菌という菌は、水虫だけの原因菌な訳ではなく、誰もがなりたくないと思ういんきんたむしの原因菌でもあるんです。

いんきんたむしは股部分が白癬菌に感染した状態を指しますが、正式には股部白癬と呼ばれます。いんきんたむしの方が耳馴染みのある疾患名となっていますが、いんきんたむしというのは俗名なんですよね。

いんきんたむしは水虫になっている人や水虫の人が家族内にいるという人が発症しやすいと言われてます。足を触った手で股部分に触れてしまったり、水虫の家族の使ったバスタオルなどを共有したりしてしまうことで股部分に白癬菌が付着してしまった結果、感染してしまったというパターンが多いようです。

いんきんたむしの原因である白癬菌は、たとえ皮膚に付いてしまったとしても洗い流すことが可能です。ですから、もしかして…?と思う時には、体をキレイに洗うことで感染を予防することが可能なんです。

いんきんたむしは感染および発症場所が場所なだけに、恥ずかしさのあまりに病院に行かずに我慢してしまうという人も少なくないようです。しかし、放っておいても感染範囲が広がるだけで、勝手に治ったりはしませんから、なるべく早めに治療を開始するようにしましょう。

もしも股部分に痒みがあって赤くなっているなんて人は、いんきんたむしに感染してる可能性がありますから、勇気を出して一度病院へ行ってみて下さいね。早く治療を始めれば、それだけ早く完治させることができますから、我慢して放っておいたりしないようにして下さいね。

HOMEへ戻る