いんきんたむしの薬

いんきんたむし(インキンタムシ)の症状を自宅で治療&完治させる市販薬

いんきんたむしは市販薬でも治せます

股部分が赤く腫れたり、ただれたような状態になって強いかゆみや痛みを伴うのがいんきんたむしですね。これは水虫の原因菌と同じ白癬菌が原因となって起こる皮膚疾患です。白癬菌に感染してしまう箇所の違いによって呼び名が変わるのは面白いですよね。

いんきんたむしは水虫と同じカビの一種である白癬菌が原因ですから、基本的には水虫の治療と同じで抗真菌剤を使って治療することになります。これは症状の度合などによって医師が判断して処方してくれますから、基本的には通院している病院の医師の指示に従って下さい。

そうはいっても、いんきんたむしは病院へ行かなくても市販の薬で治すことも可能です。

薬局やドラッグストアで、いんきんたむし用の抗真菌剤の塗り薬が販売されていますから、それを使って自分で治療に取り組むというのも1つの方法です。ただし、市販の薬で治療する場合、塗り薬のみでの治療になりますから、効果を得られない方も少なくありません。

もしも、しばらく使ってみても症状に変化が見られない、症状が改善されない、使う前よりも症状が悪化しているという状態になった場合には、市販薬の使用をただちに中止し、大人しく皮膚科を受診するようにして下さい。

HOMEへ戻る