いんきんたむしの治療

いんきんたむし(インキンタムシ)の症状を自宅で治療&完治させる市販薬

いんきんたむしの治療は早め早めが大切

股部分が白癬菌に感染してしまった状態を俗にいんきんたむしと言いますが、これは他の皮膚疾患と同様に早め早めの治療が大切です。

股部分という場所が場所なだけに、恥ずかしさや抵抗感があってなかなか病院へ行きにくいかもしれませんが、放っておいても決して勝手に治ったりはしませんから勇気を出して病院へ行くようにしましょう。

いんきんたむしはカビの一種である白癬菌に感染している状態ですが、治療をしないで放っておくと段々と感染範囲は広がっていきますし、最悪、皮膚に色素沈着を起こしてしまうことにもなりますから、決して放っておかないようにだけ注意が必要です。

いんきんたむしを市販薬で治療をしているという方も多いようですが、白癬菌に感染しているかどうかは病院で検査を受けない限りはっきりとは分かりません。ですから、安易な自己判断で市販薬を使用して、症状を悪化させてしまったり、症状の一進一退を繰り返して何年もいんきんたむしに悩まされているなんて人も少なくありません。

いんきんたむしの治療は抗真菌剤の塗り薬や飲み薬を使う形になります。これは医師がその人その人の症状や状態に合わせて処方してくれますので、医師の指示通りに適切な薬で治療を行っていけば早い人で1か月程度で綺麗に治るようです。

いんきんたむしは治療を早く始めれば早く始めただけ治るまでにかかる時間や期間も短くて済むものですし、途中で投げ出さずにきちんと最後まで治療を行えば必ず完治するものです。治ってさえしまえば、辛い思いをしていたあの時間は何だったんだろう?と思えるものですよ。

HOMEへ戻る