女性のいんきんたむし

いんきんたむし(インキンタムシ)の症状を自宅で治療&完治させる市販薬

男性よりも女性こそインキンタムシに注意が必要

いんきんたむしと聞くと男性に多いものだと思われる方も多いのではないでしょうか。いんきんたむしは男性だけではなくて女性もかかる可能性はあります。しかも年々、女性の罹患率が高くなってきているので、女性こそ注意が必要だと言えそうです。

いんきんたむしの原因となるのは水虫の原因と同じ白癬菌です。

白癬菌はカビの一種ですから高温多湿なところを好みます。女性は特にストッキングを履いたり、下着で締め付けられたりして蒸れやすいので、男性よりも白癬菌の繁殖が起こりやすい状態であると言えます。

症状自体には男性、女性の違いはなく、股部分に赤い湿疹のようなポツポツができ、そのまま放っておくとその範囲はお尻やお腹の方まで段々と広がっていきます。かゆみを伴って皮膚が盛り上がってくるようであれば、いんきんたむしの可能性が高いので早めに病院へ行くことをおすすめします。

いんきんたむしは放っておいても自然と治ったりはしませんし、横へ横へと白癬菌が広がっていきますから、かゆみの範囲がどんどんと広がってしまって辛いだけになってしまいます。

それでもそのまま放っておくと、皮膚が黒ずんでしまったり、痕に残ってしまったりすることもありますから、決して放っておかないように気を付ける必要があります。

HOMEへ戻る